秋の瀬戸芸、西側も主役 28日開幕
香川の4島、新会場に 宿泊や周遊、夜観光で促す

2019/9/14付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

現代アートの祭典、瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)2019の秋会期に向けた準備が本格化してきた。香川県の西側に位置する4島が新たに加わる28日の開幕に向け、国内外のアーティストが作品づくりを進めている。自治体などは観光客の増加に期待を寄せ、夜型観光などを通じて来場者の回遊性を高める。春、夏の合計で来場者数が16年の前回を8%上回る勢いを加速させ、瀬戸内を活性化させる。

瀬戸大橋の西側に位置する本島(香…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]