よい移民 ニケシュ・シュクラ編 英国に生きる「有色人」の現況

2019/9/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

現代の英国は自他共に認める移民国家だ。2011年の調査によると、イングランド・ウェールズの人口の2割が移民とその子孫で、うち半数は「有色人(ピープル・オブ・カラー)」が占める。本書はインド、パキスタン、中国、ナイジェリアなど様々なルーツを持つ有色人執筆者21人が、移民や人種を巡って英国社会が抱える課題について論じたエッセー集だ。

執筆陣の職業は作家やコメディアン、俳優など多彩。ユーモアのスパイス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]