チャートは語るホルムズ危機 素材にも
アルミなどシェア上昇 日本の調達に影

2019/9/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

原油など海運輸送の要衝であるホルムズ海峡を巡る緊迫が、アルミや化学品など素材分野にも影響を及ぼす恐れが出ている。中東諸国は今世紀に入り非エネルギー産業に注力。世界貿易に占める中東のシェアはエーテルなど石油化学品で30%、アルミ地金で16%に上昇した。中東産への依存を強めてきた日本企業も多く、米国とイランの対立(総合2面きょうのことば)が激化すればエネルギー以外の幅広い産業に打撃となる。

中東情勢…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]