馬鏡 山本尊ダノンファンタジー、好相性コースに期待

2019/9/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

ローズステークスには顕著な傾向がある。まず、春のクラシック、オークス(G1、東京芝2400メートル)から休養明けで臨む馬が優位であること。過去10回の勝ち馬のうち8頭がこの臨戦過程だった。

もう一つはディープインパクト産駒の活躍。同産駒がローズSに出走するようになった2011年以降の8回で5勝を挙げる。出走頭数が多いことを踏まえても適性の高さがうかがい知れる。

今回の出走馬ではダノンファンタジー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]