カルビー、「ポテチショック」再発回避 十勝以外に調達分散、新品種も

2019/9/13付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

カルビーが北海道で気象リスクの回避に本腰を入れている。十勝地方以外にジャガイモの調達地域を分散させ、病気への抵抗力が高い品種の割合を2030年をメドに100%(現在は25%程度)に高める。2017年春に起きた「ポテチショック」の悪夢を繰り返さないためだ。

ジャガイモ調達を手掛けるカルビーポテト(北海道帯広市)の研究施設や貯蔵庫を公開し、十勝地方以外の地域での調達強化の方針を説明した。苫小牧市をは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]