真相深層麻薬、貿易戦争の火種 トランプ氏「中国が密輸元」
依存症、米で社会問題

2019/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米中貿易戦争に新たな火種がくすぶっている。米国で中毒死者が続出している麻薬入り鎮痛剤「フェンタニル」を巡り、トランプ米大統領が「中国が主な密輸元だ」と批判し、事実無根と主張する中国と真っ向から対立する。米国の薬物依存は雇用や教育問題などが複雑に絡む根深い社会問題だ。10月に開く閣僚級の貿易協議で取り上げれば、交渉はさらに複雑になる。

「我が政権は中国からのフェンタニル流入阻止を最優先にしてきた」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]