前堺市長宅など捜索 大阪地検 政治資金記載漏れ、規正法違反疑い

2019/9/12付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

堺市の竹山修身前市長(69)の関連政治団体が提出した政治資金収支報告書に多額の記載漏れが見つかった問題で、大阪地検特捜部は12日、竹山氏の自宅などを政治資金規正法違反の疑いで家宅捜索した。記載漏れの総額は2017年までの6年間で2億円超に上っており、特捜部はずさんな経理処理の実態解明を進める。

問題とされたのは、竹山氏が代表を務めていた資金管理団体「21世紀フェニックス都市を創造する会」、支援者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]