ニュースなこの日9月13日 パレスチナ問題、オスロ合意が調印

2019/9/12付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

1993年9月13日、イスラエルのラビン首相とパレスチナ解放機構(PLO)のアラファト議長の間でパレスチナ暫定自治宣言(オスロ合意)が調印された。クリントン米大統領の仲介で、ヨルダン川西岸とガザの両地区をパレスチナ自治区と認め、エルサレムの帰属は当事者の交渉で決めることを原則とした。

お互いを認めて話し合いを始めた歴史的な合意だったが、その後の和平は暗礁に乗り上げている。2006年には自国兵士の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]