/

この記事は会員限定です

「ライドシェア運転手を従業員に」米で州法案通過

カリフォルニア、企業の負担増す

[有料会員限定]

【シリコンバレー=佐藤浩実】米カリフォルニア州で、ライドシェアサービスの運転手などを従業員として扱うよう企業に義務付ける州法案が議会を通過した。知事が署名すれば成立し、2020年1月にも施行される。労働者の保護が目的だが、米ウーバーテクノロジーズや米リフトにとっては社会保障税などの負担増となる。利用料金などにも影響を及ぼす可能性がある。

11日までにカリフォルニア州の上院、下院でそれぞれ可決したの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り451文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン