後継ぎが新事業 愛媛でじわり 討論会・研修、県など後押し

2019/9/12付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

経営を引き継いだことを機に新事業進出や商品開発などに取り組む、創業型の事業承継が拡大している。少子高齢化に伴う後継者不足が深刻になる中、事業承継と新市場開拓などの課題を同時解決する手段として注目され始めた。愛媛県内の関係機関も講習や交流会などを開き、こうした取り組みを後押しする。

愛媛県今治市の中心部にある佐々木進学教室。創業者の父親からバトンを引き継ぎ2017年に社長になった佐々木佑介氏(30…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]