/

この記事は会員限定です

アリババ馬氏、中国ネット時代を開拓

会長を退任 政府との距離、課題残す

[有料会員限定]

【上海=松田直樹】中国のアリババ集団の創業者、馬雲(ジャック・マー)氏が10日、経営トップの会長を退任した。ネットの可能性にいち早く着目しアリババを世界に名だたるIT企業へと育て上げた。電子商取引(EC)と決済サービスを組み合わせるなど技術革新の追求が成長の源泉だ。多くの中国のネット企業が馬氏の背中を追うが、監視を強める中国政府との距離などの課題も浮かぶ。

アリババが10日、杭州市のオリンピックス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン