がん社会を診る放射線治療 手術と同じ治癒率 中川恵一

2019/9/11付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

8月末、放射線治療を受けた患者さんと対談する機会がありました。お相手は都内で会社を経営する65歳の男性です。2年前、東大病院で前立腺がんの治療を受けました。 放射線を前立腺だけに集中させる「定位照射」という方法で、たった5回の通院で治療は完了しました。1回の照射時間も世界最短レベルのわずか80秒です。従来は週5回、全部で38回の治療でしたから、2カ月もの通院が必要でした。

放射線治療の回数を減ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]