十字路年金の経済前提は楽観的?

2019/9/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

8月下旬、年金財政検証の結果が公表された。公的年金について今後100年の健全性を評価するものだ。将来を試算するには各種経済指標について前提が必要になる。ところが「年金制度は経済成長すれば維持できる一方、成長しなければ破綻だ」と考えている人が多い。

公的年金は賦課方式だ。単純化すれば「減る現役層が稼ぐ賃金の伸びを、増える引退層にどう配分するか」という問題だ。配分割合を一定と考えると、経済成長して賃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]