ニュース一言兼松 谷川社長

2019/9/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 気候変動や新興国での人口増、貿易摩擦など将来の食料供給に影響を与えかねない要因が年々増えている。食料の輸入を担う商社として、輸入産地の多様化を進めたい

南米ウルグアイ産牛肉の輸入が2月に解禁…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]