台風15号で運休 277万人影響

2019/9/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

強い台風15号は9日午前、関東を縦断し、東北沖に抜けた。JR東日本など首都圏の鉄道各社は始発から計画運休を実施し、一部の路線では運行再開が遅れるなどして同日午後も交通の混乱は続いた。JR東の在来線の影響人員は277万7千人に上った。記録的な暴風によって各地で停電などの被害が発生した。(関連記事を総合2面、社会2面に

JR東は9日の始発から首都圏の全在来線の運転を見合わせた。午前8時ごろに再開の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]