/

この記事は会員限定です

大日本住友製薬、英社の新薬候補を取得

3200億円、「特許切れの崖」対策

[有料会員限定]

大日本住友製薬は6日、製薬スタートアップの英ロイバント・サイエンシズとの戦略提携で基本合意したと発表した。同社への出資に加え、子会社の買収で複数の新薬候補などを取得する。投資額は総額30億ドル(約3200億円)。主力薬の特許切れが迫るなか、新薬候補を拡充して収益の急激な悪化を回避する。

ロイバントへ10%以上を出資しつつ、子会社5社や人工知能(AI)を使って新薬開発を効率化する情報基盤などを取得...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン