/

この記事は会員限定です

九州・沖縄のM&A、1~6月最高の109件

後継・人手確保で 建設や運輸、同業目立つ

[有料会員限定]

九州・沖縄に本社を置く企業が関わった2019年1~6月(上半期)のM&A(合併・買収)の件数は、前年同期比9%増の109件だった。過去最高を2年連続で更新。買い手にとっては人手不足解消や成長戦略、売り手には事業承継の手段としてM&Aは中小企業にも浸透している。

M&A助言のレコフ(東京・千代田)が19年1~6月のM&A案件(資本参加や事業譲渡を含む)を集計した。

「後継者がいない優良企業が今年にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン