浜松商議所・大須賀会頭が続投表明 「期限付き」の意向

2019/9/7付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

10月末に2期目の任期満了を迎える浜松商工会議所の大須賀正孝会頭(78、ハマキョウレックス会長)は6日午前、続投を表明した。勇退する意向だったが、スズキの鈴木修会長ら地元経済界の代表4人から会頭を続けるよう要請を受けた。同日、会頭経験者らの総意として続投を求められ、勇退の意向を撤回した。ただ、会頭の後任が見つかるまでの「期限付きで受ける」との考えも示した。78歳の大須賀氏が3期目を務めるのは異例…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]