前期純利益2倍の5億円 ゼネラルパッカー、包装機械が好調

2019/9/7付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

ゼネラルパッカーが6日発表した2019年7月期の連結決算は、純利益が前の期の2倍の5億2400万円だった。過去最高を更新した。コンビニエンスストア向けの食品包装機械の更新需要が堅調だった。生産機械事業も伸びた。

売上高は17%増の83億円。10月の消費増税前の駆け込み需要を取り込んだ。営業利益は99%増の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]