/

この記事は会員限定です

9月9日 桐生祥秀が日本人初の9秒台

[有料会員限定]

2017年9月9日、陸上男子短距離の桐生祥秀が日本学生対校選手権の100メートル決勝で日本人初の9秒台となる9秒98をマークした。歴代のスプリンターがはね返されてきた「10秒の壁」を東洋大のユニホームを着た最後のレースで破り、新時代の幕開けを告げた。

左太もも裏に不安を抱えながら、中盤からスムーズに加速。1秒間に最大5歩に達する高速ピッチに加え、ストライドがやや伸びたことが快挙につながった。京都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン