企業、越境調達広がる

2019/9/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

電力制度は1951年以来、大手電力が地域独占を前提に「発電・送配電・小売り」を一括して担う形式が長く続いた。ただ、2016年に全面自由化され、地域の壁は崩れつつあり、安い電力会社を選ぶ時代になってきた。

実際、電力会社の切り替えによる経費削減を狙い、契約を切り替える動きが出ている。セブン―イレブン・ジャパンは全国のコンビニエンスストアで使う電力調達先を見直しており、3月には関東地方の一部で東京電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]