ビジネスTODAY受託生産、日本勢受け皿に
米中摩擦で中国回避 加賀電子など東南アで能力増強

2019/9/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本のEMS(電子機器の受託製造サービス)企業が東南アジアで生産増強に動いている。米中貿易戦争を受けて、EMSを使う企業が発注先を中国から東南アジアに切り替えており、日本のEMSが受け皿の一つとなっているためだ。大手の加賀電子はタイで新工場を建設、メイコーはベトナムの現地企業の子会社化などで能力増強をめざす。人件費の上昇もあって製造業の「脱・中国」の流れは続く見通しで、日本のEMSには商機となり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]