/

この記事は会員限定です

持ち合い株の解消加速

「稼ぐ効率」底上げ効果 5年で1万銘柄減少

[有料会員限定]

上場企業が株式持ち合いの解消を加速している。保有する持ち合い株は2018年度までの5年間で約1万銘柄(約12%)減少した。企業統治の妨げになると投資家が批判を強めているためだ。売却によって生まれた資金を研究開発などにあてれば「稼ぐ効率」の底上げにつながる。リクルートホールディングス株の大規模売却が決まるなど勢いは増しており、日本株に占める持ち合い株の比率は約1割に低下。解消は最終局面に入っている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン