二階氏、自民幹事長留任で調整 首相、安定を重視

2019/9/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

安倍晋三首相(自民党総裁)は11日に実施する内閣改造・党役員人事で、二階俊博幹事長を留任させる調整に入った。首相を支える姿勢を強調し、党内で政権批判が生じるのを抑えてきた手腕などを評価した。麻生太郎副総理・財務相や菅義偉官房長官と合わせて内閣と党の中枢を維持し、政権運営の安定を目指す。(関連記事政治面に)

二階氏は2017年衆院選や今年7月の参院選で幹事長として指揮を執り勝利した。参院選後には、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]