2019年9月23日(月)

日本株、膠着感強まる 東証1部、5年4ヵ月ぶり薄商い

2019/9/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本株相場の膠着感が強まっている。2日の東証1部の売買代金は1兆3299億円と約5年4カ月ぶりの薄商いとなった。米中貿易摩擦の先行きが不透明な中で、投資家が持ち高を一方向に傾けられず、様子見ムードが続いている。

東証1部の売買代金は2014年4月21日(1兆3074億円)以来の少なさだった。日経平均株価の日中値幅(高値と安値の差)も53円と約1年11カ月ぶりの小ささとなった。2日がレーバーデーの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。