/

この記事は会員限定です

社保改革、給付抑制が焦点

「10%超」増税は封印

[有料会員限定]

政府が社会保障制度の全体像を見渡した改革を再始動するのは、高齢化が急速に進み、膨張する社会保障サービスと国民負担のバランスが崩れかねないとの危機感が強いためだ。過去の改革は安定財源と見込む消費税の引き上げと一体で議論してきた。今回は「10%超」への消費税増税が封印されており、給付の抑制と利用者の自己負担拡大にどこまで踏み込めるかが焦点となる。(1面参照

社会保障改革は文字通り待ったなしだ。75...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン