ジャ・ジャンクーさん 中国の辺境に触れてほしい

2019/9/2付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

中国を代表する映画監督は内陸部にある山西省で生まれ、少年時代は生活用水をくみに出かけた。映画の舞台も山西省を中心に、中央から離れた地方都市や田舎町にこだわってきた。

「中国の核となる部分は、総人口の多くを占める辺境にあると思う。北京か上海か広州か、それとも辺境か。どこから見るかによって中国の(社会的な)景観はかなり違う」。2017年に山西省で国際映画祭を立ち上げた理由の一つに「世界から来る人たち…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]