/

この記事は会員限定です

「因果推論」は万能なのか

方法論説く著作相次ぐ

[有料会員限定]

2つのことがらのうち、一方が原因で、もう一方が結果である「因果関係」があるかどうかを見極めよう――。社会科学の研究者が、データ分析を通じて因果関係を証明する「因果推論」の方法を説く著作が増えてきた。

なぜ、因果関係に注目するのか。中室牧子・津川友介著『「原因と結果」の経済学』(2017年2月、ダイヤモンド社)によると、日常生活の中で「本当に因果関係があるかを考えるトレーニングをしておけば、思い込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン