/

この記事は会員限定です

SDGs軽視の怖さ知れ

PwC Japanグループ顧問 笹谷秀光

[有料会員限定]

2015年の国連総会で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」は、今や経営者として外せない論点になった。経営要素の全てに絡むので、社内全部署に関連する経営課題である。トップが重大な関心を寄せなければ、その企業は市場からそっぽを向かれる。日本企業の経営者はそんな認識を持つべきである。

SDGsは、持続可能な社会づくりについて語る世界の共通言語といってよい。17の目標と169のターゲットで構成され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン