/

この記事は会員限定です

余剰食材橋渡し「フードバンク」 欧米では政府が支援

[有料会員限定]

海外では食品ロスを減らすための具体的な法整備が進んでいる。余った食材を必要な家庭に橋渡しする「フードバンク」などが代表例だ。

フランスでは2016年に食品廃棄禁止法が施行された。一定の売り場面積を持つ店舗を運営する企業にフードバンクなどと食品寄付に関する協定を結ぶことを義務付けた。食べられる食品の廃棄も禁じ、違反した場合は罰金が科される。

韓国では「1997年のアジア通貨危機を機に、国が貧困対策と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン