/

この記事は会員限定です

裁判書類をウェブ提出 21年度にも

IT化進める

[有料会員限定]

最高裁は民事裁判のIT(情報技術)化に絡み、2021年度にも一部の裁判所で準備書面などのウェブ提出を導入する。20年度予算の概算要求にIT化関連費用として5億7千万円を計上し、クラウドサービスを使った書面提出システムを作る。印刷した書面のやりとりを前提とした裁判手続きの負担を減らし、訴訟の迅速化につなげる。

裁判IT化を巡っては提訴や審理などの電子手続き化が進むシンガポールや韓国、中国などと比べて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン