/

この記事は会員限定です

自治体職員 非正規処遇、どこまで改善

来春から新制度 業務巡りあつれきも

[有料会員限定]

自治体で働く非常勤職員の多くが2020年4月から「会計年度任用職員」に移行する。地方公務員法と地方自治法の改正で設けられる新たな身分で、一般の公務員と同様に守秘義務を課す一方、期末手当を支給できるようにする。地方行革で職員の非正規化が進む自治体の現場。「官製ワーキングプア」とも揶揄(やゆ)される非正規公務員の処遇はどこまで改善するのだろうか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン