ファーマフーズ 機能性素材を開発 東南アの健康志向に商機

2019/9/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ストレスを和らげる「GABA」や美白をサポートする「セレプロン」。ファーマフーズは食品や化粧品に混ぜる機能性の材料を開発している。米中に続いてフィリピンなど東南アジアを開拓することが最大の課題だ。富裕層が増え始め、健康意識が高まっている。事業の足場をつくる上で打つべき手は地域ごとに違い、地域の有力企業との協業が鍵になる。

フランスのダノン、米アムウェイ、台湾の統一企業。ファーマフーズ本社に、取引…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]