桜の戦士 軸は多様性 W杯代表31人発表
海外出身 最多15人 トンプソン 4大会連続

2019/8/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本ラグビー協会は29日、9月20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会に臨む日本代表31人を発表した。主将でフランカーのリーチ・マイケル(東芝)や、いずれも3大会連続出場となるフッカー堀江翔太(パナソニック)、SH田中史朗(キヤノン)らが順当に選ばれた。(関連記事を社会面に)

韓国出身のプロップ具智元(ホンダ)、南アフリカ出身のフランカー、ピーター・ラブスカフニ(クボタ)ら海外出身選手は史上最…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]