/

この記事は会員限定です

営業利益進捗率が高いのは

アシックスが首位

[有料会員限定]

12月期企業の2019年1~6月期決算が出そろった。企業業績に減速感が強まる中、通期の業績予想に対し営業利益の進捗率が高い企業を調べた。

1位のアシックスはデザイン性の高いブランド「オニツカタイガー」が国内外で好調だ。低迷の続いていた北米で競技用シューズなども復調した。例年下期に在庫処分のセールを行っており、営業利益が上期に偏る傾向がある。今期はセールの機会を分散し、平準化を進める。

4位の大塚...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り232文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません