ドリンク・医薬品 成長投資を加速 社長「3カ年は減益基調」

2019/8/28付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

ダイドーは自販機事業を立て直す一方、収益源を広げる取り組みも進める。2019年2~7月期は前年同期比の連結営業減益額12億円のうち、約8億円が成長投資による減価償却費などだった。医薬品会社など向け栄養ドリンクのOEM(相手先ブランドによる生産)工場を群馬県に新設したことなどが響いた。

「今後、3カ年は減益基調になることを覚悟している」と高松富也社長は語る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]