/

この記事は会員限定です

東大 先端科学技術研究センター

壁外し「異分野の知」集結

[有料会員限定]

文理融合に先駆けて挑んできた東京大学の先端科学技術研究センターが、2つの「キョウソウ」をテーマに新たな活動を始めた。異分野の若手研究者が生命科学分野で「協奏」するプロジェクトと、自治体や企業などと連携して地域社会を「共創」する取り組みだ。研究室の壁を取り払い新領域の開拓を目指している。

2017年度に発足した「生命・情報科学若手アライアンス」の一室は、一般にイメージする大学の理工系の研究室とは違い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1187文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン