/

この記事は会員限定です

J&Jに制裁金600億円 鎮痛剤「オピオイド」中毒問題

米地裁命令 類似訴訟は2000件以上

[有料会員限定]

【ニューヨーク=西邨紘子】米オクラホマ州地裁は26日、米国で社会問題となっている鎮痛剤「オピオイド」中毒のまん延を巡り、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)に5億7200万ドル(約606億円)の制裁金を支払うよう命じた。米国では製薬会社を相手取った類似の訴訟が2千件以上起こされている。メーカーの責任が一部認められたことで、今後も広がりを見せれば各社の経営に打撃となりそうだ。

判決で

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません