/

この記事は会員限定です

豪農相「TPP再交渉せず」

セーフガード議論けん制

[有料会員限定]

牛肉の輸出国で日本のセーフガード(緊急輸入制限)が懸案となっている。米国抜きで発効している11カ国の環太平洋経済連携協定(TPP)を再交渉し、参加国を対象にした発動条件を厳しくする案が日本で浮上。日本の輸入牛肉で最大シェアのオーストラリアのブリジット・マッケンジー農相は26日、TPPの再交渉に否定的な考えを示し、けん制した。

豪農相は26日、都内で日本経済新聞の取材に「TPPの再交渉は考えていな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません