/

この記事は会員限定です

マンボウ研究 シンボウ強く

在野で調査、125年ぶり新種確定 澤井悦郎

[有料会員限定]

丸く愛らしい魚、マンボウ。フグ目マンボウ科マンボウ属は現在、マンボウ・ウシマンボウ・カクレマンボウの3種に分類される。カクレマンボウは2017年に認定された125年ぶりの新種だ。新種と確定したのは私とオーストラリアの研究者で、和名のカクレマンボウは私が名付け親。マンボウ研究で職を得られていない在野の私だが、マンボウ愛でさらなる発見に挑むつもりだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン