農産品関税、日本は突出 日米貿易交渉、大枠合意
車関税撤廃を先送り/牛・豚はTPP並みに

2019/8/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ビアリッツ(フランス南西部)=飛田臨太郎】日米両政府が貿易交渉を巡り閣僚級で大枠合意したことで、年内にも世界最大の経済大国である米国との貿易協定が発効する可能性がある。

1面参照

安倍晋三首相が「自由貿易の旗手」と語る日本の全物品の関税率は4.4%と世界と比較しても低い。農産品の関税に限れば高い水準で、引き下げ余地がある。

日米の閣僚級協議では双方の農産品と工業品について、幅広い品目で関税撤…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]