世界における日本の大学 層の厚さ生かすべき
豊橋技術科学大学長 大西隆 海外へアピールを/国の評価制度過剰

2019/8/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大西隆・豊橋技術科学大学長(東京大学名誉教授)は、政府が国立大学を中心に大学評価を過剰に強める背景には世界ランキングの伸び悩みがあるが、日本の大学には質の高さと層の厚みという強みがあると指摘する。

学長になって5年半になろうとしている。この間に感じたことは、政府の大学への対応が性急に過ぎるのではないかという疑問である。

大学、特に国立大学は、4種類の異なる評価を受けている。全ての大学は7年に一度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]