/

この記事は会員限定です

無名の人々、国動かす

フィリピン民主化運動 「和解の精神」で新時代へ

[有料会員限定]

いまから30年余り前、フィリピンで独裁政権を倒した民主化運動がありました。その原動力は「ピープル・パワー」と呼ばれた無名の人々の力でした。「ラバン(闘う)」を意味するLのサインがシンボルでした。今回の現代史をめぐる旅では、時代を動かした人々の歩みや日本とのかかわりを振り返ります。

フィリピンはいま、東南アジアの成長国の一つです。大小7千もの島々で構成されています。人口は約1億人。国民の平均年齢は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン