2019年9月18日(水)

株価、内需けん引 小売りや建設 外需銘柄、敬遠の動き

2019/8/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京株式市場で内需株が外需株に比べて買われやすい局面が続いている。日経平均株価は23日に3週ぶりの高値を回復したが、けん引役は内需だ。世界景気に後退懸念があるうえ、政策の先行きも見通しにくい。外部要因に影響されにくい内需株を買い増す動きが出ているようだ。

23日は小売株や建設、不動産など内需銘柄の株価が堅調だった。丸井グループが2%高となったほか、大林組は1%高となるなど上昇率は日経平均株価(0…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。