2019年9月16日(月)

体内時計関わるDNA配列発見

2019/8/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京大学 深田吉孝教授らは、哺乳類の体内時計に関わるDNA配列を新たに見つけた。特定の遺伝子の働きを切り替えるスイッチとなる部分だった。体内時計の仕組みの解明や、時差ボケを解消する薬の開発につながる成果という。

多くの臓器は時刻によって一部のたんぱく質の作る量や種類を変えることで効率よく働く。このような約24時間のリズムは、体内時計に関わるたんぱく質や特定のDNA配列が作る。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。