/

この記事は会員限定です

腎臓のもとの細胞、効率的に増やす

[有料会員限定]

熊本大学 谷川俊祐助教や西中村隆一教授らは、人のiPS細胞から作った腎臓のもととなる細胞を増やす技術を開発した。作った細胞は腎臓の重要な組織の一部になる性質がある。凍結保存することができ、腎臓病のメカニズムの解明や創薬の研究に使いやすい。将来、腎臓の再生医療が実現した際には、細胞の備蓄などで役立つ可能性があるという。

人のiPS細胞から腎臓のもととなる細胞を作るには一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン