2019年9月16日(月)

腎臓のもとの細胞、効率的に増やす 

2019/8/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

熊本大学 谷川俊祐助教や西中村隆一教授らは、人のiPS細胞から作った腎臓のもととなる細胞を増やす技術を開発した。作った細胞は腎臓の重要な組織の一部になる性質がある。凍結保存することができ、腎臓病のメカニズムの解明や創薬の研究に使いやすい。将来、腎臓の再生医療が実現した際には、細胞の備蓄などで役立つ可能性があるという。

人のiPS細胞から腎臓のもととなる細胞を作るに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。