神前酔狂宴 古谷田奈月著 個人取り巻く社会描き 新境地

2019/8/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「虚飾の限りを尽くすこと」が結婚披露宴の本質だと確信したときから、主人公である式場の男性スタッフは「茶番劇」を盛り上げるため、全力で働くようになる。そうした結婚式に対する批評的な視点も含め、この長編は読みごたえたっぷりのお仕事小説といえる。

もっとも、それにとどまらないのは、式場を経営するのが明治日本の軍神をまつる神社であるからだ。近代化の始まりの時期に活躍した軍人が亡くなった後、信仰の対象にな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]