チャートは語るきしむグローバル化 直接投資残高10年ぶり減

2019/8/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米中貿易戦争の激化を受け、世界の成長をけん引してきた経済のグローバル化が揺らいでいる。企業の海外直接投資(総合2面きょうのことば)の世界全体の残高は2018年に10年ぶりに減少した。経済のデジタル化で生産設備の必要性が低下してきたという構造要因も絡む。おりしも24日にフランスで主要7カ国首脳会議(G7サミット)が始まるが、各国の足並みは乱れ、有効な処方箋は描けそうにない。

国連貿易開発会議(UN…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]