初代「桜のジャージー」 京都で展示、30年代ラグビー代表が使用

2019/8/23付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

ラグビー日本代表が初めて結成された1930年のカナダ遠征で選手が使用した初代「桜のジャージー」が23日、京都市左京区の世界遺産・下鴨神社の資料館「秀穂舎」で展示された。11月10日まで。

現在、胸のエンブレムの桜3輪は花開…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]