IoT活用の現場(2)消費・小売業 セブン、温度管理監視 設備80万台故障予防へ 海外勢「無人店舗」で攻勢

2019/8/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」は消費者の生活のすぐ近くにまで入り込んでいる。たとえばコンビニエンスストアでは、冷凍や冷蔵の販売ケースをネットにつなげて稼働状況を監視する実験が進んでいる。

東京都千代田区の「セブン―イレブン 千代田二番町店」。冷凍食品の販売ケースの扉を開けると、上部に小さなスイッチ型のセンサーがあることに気づく。

このセンサーで扉の開閉回数を数えている。温度を感知する別…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]